SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1-4騎兵大隊の変革による改編
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=31485
原題 Heavy 1-4 Cavalry to shed armor for transformation
日時 2005年9月10日
筆者 Steve Liewer
発信地 ドイツ SCHWEINFURT
内容
第1歩兵師団の師団偵察大隊である第4騎兵連隊第1大隊は装備返納し改編中。将来的には第173空挺旅団の偵察大隊となる。
・第173空挺旅団は現在アフガニスタンに1年間の駐留期間の半ばにあるため、旅団の帰還後、来年の夏、第1歩兵師団のカンザス州フォートライリーへの移転とともに、同大隊および第33野砲兵連隊第1大隊、第82工兵大隊が旅団へ組み込まれる。
・陸軍で初の軽=空挺騎兵偵察大隊(light-airborne cavalry reconnaissance squadron)となる。
・ヴィチェンツァの敷地が狭いため、移転は数年先。また部隊の名称についても今後は不明。
・この夏早くには大隊の2個航空騎兵中隊が閉隊?(fold up)された。後ほどUAVに代替される予定。
・大隊の兵らのほぼ全員はイラク経験者。
・空挺についての言及がある発言が登場。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。