SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172SBCTの砲兵大隊 引継ぎに入る
出典 Fiarbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3049995,00.html
原題 Stryker Brigade is ready to roll
日時 2005年9月11日
筆者 J.M. SIMPSON (ワシントン州フォートルイスを扱う個人所有の新聞Fort Lewis Rangerの記者)
発信地 イラク モスル
内容 第172SBCTの砲兵大隊である第11野砲兵連隊第4大隊はQ-Westにて
第25歩兵師団第1旅団の砲兵大隊である第8野砲兵連隊第2大隊から引継ぎを
今後数週間で受ける。
・4-11FAの大隊長はScott Wuestner中佐。
・引継ぎに当っては第2歩兵師団第3旅団の砲兵大隊第37野砲兵連隊第1大隊の
経験も力となっている。
・4-11FAはこれまでの2個砲兵大隊よりは少ない人員で同じ任務を担う
・第172SBCTはモスルを中心とするイラク北西部での戦闘作戦を担任
4-11FAはティグリス渓谷での戦闘作戦を担任 大隊はTF Thunderの名称を得る。
・Regional Security Councilを構成する部族長、首長(muktar)らとの協働が経済の成長には不可欠である。
・10月半ばの憲法国民投票への登録は現在行われているが極めて良い。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。