SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンセキ大将 ハワイに帰郷の予定
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1104869.php
原題 Retired Shinseki to return to Hawaii
日時 2005年9月15日
筆者  Audrey McAvoy AP電
発信地 ホノルル
内容 以下全訳
Eric Shinseki退役陸軍大将は水曜にハワイに戻る予定だが知事選出馬の意図はないと語った。

前陸軍参謀総長でKauai出身の同大将は帰郷の時期はPatricia夫人次第だと話した。

”ハワイに戻る予定です。いつ戻るかという問題にすぎません”とシンセキ大将は実業家に昼食会で演説したあとAPにこのように話した。

ハワイの最高府に出馬するかを問われると、シンセキはそのような計画はないと語った。

”今のところ、東海岸で沢山の進行中のことを抱えています”と同大将。

いつハワイ諸島へ戻りたいかについては洩らさず、”それは大きな問題だ”と述べるにとどめた。

シンセキは62歳で、これまでに選挙に出馬の経験は無く、党派も不明である。民主党の上院議員であるDaniel Inouyeはさりながらシンセキが出馬することを望んで公式に表明しており、シンセキは代議員あるいは知事に相応しいと発言している。

共和党知事のLinda Lingleは既に来年再選出馬する意思があることを発言している。また、対抗馬となる民主党候補はこれといって現れていない。

シンセキは陸軍参謀総長のときイラクを占領するには20万の軍が必要となると発言して、国中の注目を集めた。

国防総省高官はシンセキの予想を埒外だとこきおろしたものの、後になって、イラクでの連合軍兵力を15万名以上に増強しており、大将が正しかったことを示すことになった。

シンセキ大将はイラク戦争についてのコメントを拒んだ。

”理由は素晴らしいアメリカの青年達、連合軍が非常な仕事をしているからです。彼らは我々のあらゆる支援を受けるにふさわしい”と同大将。

シンセキは38年の陸軍に勤めた後2003年に退役。退役までの4年間は陸軍参謀総長であった。現在はBancWest Corps.、Honeywell International Inc,、Grove Farm Corp.の役員を勤めている。

シンセキは実業家に100万名を率いて冷戦後の時代に陸軍を近代化した彼の仕事について話し、組織を変革するには、機敏性、説得力ある構想、素早く正当性と衝撃力を得る戦略が必要であると語った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
dTzATFBmalHrhxWqpp
2011/06/08 (水) 12:41:38 | URL | PROVOST #6/tXoaXc[ 編集]
IoCvudkjrWp
2011/06/30 (木) 11:21:48 | URL | frgxjnxtwt #uDpWExyM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。