SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1歩兵師団の対空大隊にて閉隊式
出典 星条旗紙
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=31630
原題 After a long goodbye, 4-3 ADA cases its colors
日時 2005年9月17日
筆者 Steve Liewer
発信地 ドイツ WÜRZBURG
内容 第3対空砲兵連隊第4大隊はイラクからの帰還後6ヵ月後に閉隊式を行った。後身には対空ミサイル防御分遣隊(Air and Missile Defense detachment)が発足し、少佐が数十名を率いている(装備は車両10両とSentinel レーダー2基)。
・2004年4月に同大隊の指揮層はイラクから帰還後閉隊されることを承知していた。
・第1歩兵師団で大隊階梯での閉隊はこれが初。
・イラクではSentinelレーダー6基の運用とティクリート付近の二つの基地、Camp DangerとCamp Speicherの防備を担当。
・帰還後、45日間のreintegrationと部隊一斉休暇(block leave)後、
500名を超える兵が転属。1000点以上の装備を返納。
・200名以上の兵中多数が憲兵に、そのほか輸送、浄水特技、騎兵偵察員へ移った。
・今後は師団が対空兵器を固有で持たない。必要に応じて、テキサス州フォートブリスで建設途上のADA task force brigadesから借りてくる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。