SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グアム アンダーセン航空基地にて戦力増強
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/09/16/AR2005091601983.html
原題 Shifts in Pacific Force U.S. Military To Adapt Thinking
日時 2005年9月16日
筆者 Edward Cody
取材協力 Anthony Faiola(東京)
Alan Sipress(ジャカルタ)
発信地 グアム アンダーセン航空基地
内容
戦力再配置が終わるとアンダーセン航空基地には
グローバルホーク3機
KC-135 12機
ローテーションで戦闘機48機 戦略爆撃機6機が配備される
・中国の台頭、台湾問題、日本の日米同盟に対する姿勢について触れ、戦力再配置を結びつけた記事。太平洋軍(PACCOM)司令官William J. Fallon提督などが登場。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。