SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じニュースで
出典 Fairbanks daily News Miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3063610,00.html
原題 Richardson soldiers injured
筆者 同紙スタッフ
日時 2005年9月21日
発信地 無し
内容
・第172SBCTの兵9名が負傷。
・第23歩兵連隊第4大隊の6名
土曜にモスルで徒歩パトロール中に内乱者の攻撃を受ける
・ アラスカ米陸軍フォートリチャードソン広報局(the Public Affairs Office)のKrik Gohlke少佐の声明文によると
うち1名は安定した状態に分類されるものの重傷であり、月曜夜に
ドイツのLandstuhl Regional Medical Centerへ空輸
別の重傷ではない1名も同じくドイツへ空輸

・他に4名が負傷したが治療を受けて任務に復帰している

・第1歩兵連隊第2大隊の3名
声明文によると、月曜にモスルで徒歩パトロール中に通りすがりの銃撃で小火器弾を浴びた
・3名とも重傷だが安定した状態に分類されている
うち2名が月曜夜にLandstuhlへ後送された

・これらの攻撃の詳細は目下伝えられないが可能となり次第発表されるとのこと
・第172SBCTはワシントン州フォートルイスに帰還しつつある第25歩兵師団第1旅団から権限を引き継ぎ、モスルに腰を据えている
・172SBCTはモスルおよびイラク北部にて2週間ほど、連続した高烈度作戦を展開中
・声明文によると可能となり次第、さらなる発表を行う
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。