SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
105mmHEP-T訓練弾で100万ドルの契約
出典 blackenterprise com
URL http://www.blackenterprise.com/yb/ybopen.asp?section=ybng&story_id=81982488&ID=blackenterprise
原題 The Allied Defense Group Announces the First Contract for Its Newest Subsidiary, MECAR USA
日時 2005年9月22日
発信元 PRNewswire-FirstCall
発信地 オーストリア ウィーン 9月22日
内容 The Allied Defense Gruopの防衛部門の一つであるMECAR USAがストライカー旅団用の105mm曳光高性能榴弾用訓練弾の契約100万ドルを締結。
・material releaseの段階をクリアした。これは完全な運用試験を受けて、使用しても安全であり、実用して有効であると認められ、陸軍の制式弾薬に加わったということ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。