SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クウェートでの訓練期間を短縮へ
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1137719.php
原題 Military to downsize Kuwait presence, training
日時 2005年9月27日
筆者 Gordon Trowbridge
発信地 クウェート CAMP ARIFJAN
内容
イラク駐留に先立つ派遣部隊のクウェートでの訓練期間を従来の45日間から短縮する方策を検討中。また、クウェートではCamp Dohaから撤退し、人員規模を縮小。クウェート国内の海港、空港の使用を限定し、イラクとの国境検問所も独自に作る。
・クウェートでの訓練期間の短縮によりイラク駐留期間を延ばすことができ、部隊ローテーションの緩和に役立つ。
・現在、クウェート国内の米軍基地は3月時点での30個近くから「十数個を数個下回る」数にまで減少。
・クウェート内の人員は数ヶ月前の2万名から1万2千名へ減少。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。