SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハワイの第25歩兵師団第2旅団の改編
出典 Honolulu advertiser
URL http://www.honoluluadvertiser.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20051003/NEWS01/510030362/1001/NEWS
原題 Tons of work clear way for Stryker
日時 2005年10月3日
筆者  William Cole、Advertiser Military Writer
発信地 無し
内容 ストライカー旅団への改編に伴う射撃場の新設でこれまでの射場の着弾地帯にて不発弾処理を行ったとの内容。ハワイ原住民と環境保護主義者らの訴訟について進行中であることを伝える下りあり。
・SBCTの人員規模は3818名 ストライカー装甲車の数は291両
・ストライカー旅団へと改編中の第2旅団を増強するため、およそ鮮明の兵が到着している最中である
・スコーフィールドのもう一つの旅団である第3旅団もUnit of Action(歩兵、機甲、騎兵、野砲、支援部隊が常時ともに訓練するより強固(robust)な組織)へと改編されることになっている
・ストライカー旅団の主要な指揮官は配置されている
・旅団長はStefan J. Banach大佐
・旅団の正式の立ち上げは来月、そのころには訓練課程も開始されている
・訴訟などで中断がなければ来年6月にはストライカー装甲車が到着し始める
・旅団が作戦可能となるのは2007年
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。