SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USFKの新司令官指名される
出典 Stars Strips
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=30886&archive=true
原題 Bell to take U.S. Forces Korea reins from LaPorte
President Bush nominates USAREUR commander for post
日時 2005年9月21日
筆者 Jeff Schogol
発信地 ヴァージニア州アーリントン
内容
国防総省はLeon J. LaPorte大将の後任となる在韓米軍司令官を選任した。

以下全訳
ラムズフェルド国防長官は月曜日、ブッシュ大統領がUSFKの司令官としてBurwell B. Bell Ⅲ大将を指名したことを発表した。

LaPorte大将は2002年5月以来、USFK司令官、統合部隊および国連軍司令官(the Combined Forces Command and the United Nations Command)の職にある。その任期は2度にわたり延長されており、前回の延長は昨年11月であった。

Bell大将は陸軍の軍歴36年におよび、現在は2002年12月以来在欧州陸軍司令官および2004年3月以来NATO連合国地上部隊司令官の任にある。かつて韓国で機甲大隊(tank battalion)に勤務したことがある。

韓国の最も有名な新聞にてBell大将がUSFK司令官に就任するとの報道があったのをUSAREUR報道官が否定して1週間余に今回の発表がされた。

当時、Joe Garvey報道官は、どこからこんなことが出てきたのか見当もつかないと述べている。

Bell大将は1969年にROTC(予備将校訓練課程)で任官し最初の任地は公式記録によるとドイツで第14騎兵連隊第3偵察大隊の小隊長。

1979年から1980年には韓国の第2歩兵師団にて第72機甲連隊第1大隊のS-3参謀。

砂漠の盾および砂漠の嵐では、Norman Schwarzkopf大将の副官(executive officer)。

1995年7月に准将。2002年12月に大将。

授章歴
殊勲功績章(the Distinguished Service Medal)
防衛優秀功績章(the Defense Superior Service Medal)
レジーヌメリット章4枚樫葉付(the Legion of Merit with four Oak Leaf Clusters)、
銅星章(the Bronze Star Medal)
勲功記章樫葉付(the Meritorious Service Medal with Oak Leaf Cluster)、
陸軍褒章(the Army Commendation Medal)、
レンジャー章(the Ranger Tab)、
陸軍参謀章(the Army Staff Identification badge)

学歴
チャタヌーガのテネシー大学にて経営管理学士号
南カリフォルニア大学にてシステム管理で修士号

軍での学歴
国防大学、合州国陸軍指揮幕僚大学、機甲将校基本課程、上級課程に学ぶ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。