SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自律無人車両長距離障害物レースで走破車両出る
出典 Washington Post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/10/08/AR2005100801175.html
原題 A Big Finish With No One At the Wheel
Robots Race Against Clock In $2 Million Competition
日時 2005年10月9日
筆者  Alicia Chang AP電
発信地 ネヴァダ州 PRIMM 10月8日
内容 DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency)主催の
Ground Challengeにて4両がゴールまで完走。
・完走したのは
Stanford大のStanley
Carnegie Mellon大のH1ghlanderとSandstorm
ルイジアナ州MetarieのFord Escape Hybrid
・10時間以内で完走した勝者には200万ドルの賞金あり
・各車時間差を置いてのスタートであり、まだ発走していない車両があることから勝者の発表は未だない
・Stanleyが走破に要した時間は7.5時間以下。
・このレースは2015年までに地上軍事車両の3分の1を無人化するとの議会の目標(mandate)を達成することで損害の危険を低減する努力の一環である。
・昨年は完走車両はなく、Carnegie MellonのSandstormの7.5マイル地点でのリタイヤが最長到達距離であった。今年は参加を認められた23両のうち土曜日時点で22両が走行(最後の1両は日曜の日中に出走する)し、うち18両がリタイヤしたものの大半は7.5マイル以上を走破。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。