SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
州兵、予備役の負担
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1164635.php
原題 Guard, Reserves bear higher share of casualty rate
日時 2005年10月10日
筆者 Robert Burns AP電
発信地 無し
内容 来年は州兵旅団のイラク展開数は7個から2個へ減るものの、
現在はイラク駐留する15万2千名中、陸軍州兵が4万9千名、陸軍予備役が2万2千名、海兵予備役が4千名を占める。現在陸軍現役師団では旅団のUA化による増設が進んでいる。その時間を得るためにも州兵を多用せざるを得なかった。今年のある時点では州兵が展開兵力の半ばを占めたがこれは史上初の事であると指摘する発言あり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。