SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172SBCTのこれまでの負傷者は50名近く
出典 KTVA com
URL http://www.ktva.com/Stories/0,1413,163~34723~3088813,00.html 
原題 Injured FOrt Wainwright soldier recovering in Washington
日時 2005年10月11日
筆者 AP電からの引用を含む
発信地 無し
内容
AP通信によると、フォートウェインライトに駐屯する第172SBCTの兵がワシントンD.C.の病院でイラクで受けた負傷から回復しつつあると友人が語った。

負傷した兵の家族の友人であるHeather Bryantによると陸軍特技兵Eric Edmundsonは10月3日に負傷した。Bryantによると、Edmundson特技兵はイラク北部にてストライカー装甲車を操縦していたときに仕掛け爆弾が爆発したとのことである。

BryantによるとEdmundson特技兵とその妻はフェアバンクスにここ2,3年住んでおり、10ヶ月になる娘がいる。

アラスカ米陸軍(US Army Alaska)の関係者によると8月の展開移行、ストライカー旅団での負傷者は50名近くになるとのことである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。