SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第172SBCTの負傷者について詳報
出典 Fairbanks daily news miner
URL http://www.news-miner.com/Stories/0,1413,113~7244~3088587,00.html
原題 Injured Stryker Brigade soldier recovering in D.C.
筆者 MARGARET FRIEDENAUER
日時 2005年10月11日
発信地 無し
内容 下の負傷兵のニュースの詳報
・現在治療を受けているのはウォルターリード軍病院にて
・負傷兵は第14騎兵連隊第4大隊C中隊所属。右足と手に怪我を負ったほか、腹部も負傷。数回の手術をドイツで受けたのちウォルターリードにて回復中。
・通常、負傷者の知らせを軍は公表されないが、負傷者の家族が独自の判断で発表する事はできる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。