SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク多国籍軍 過去24時間で17名を拘束
ISF, MNF-I Detain 17 Terrorists in Past 24 hours
http://www.mnf-iraq.com/media-information/January/050105s.htm
活動が紹介されている部隊名
・第82空挺師団の部隊は第325歩兵連隊(空挺)第2大隊
・第101イラク国家警備大隊
・第21歩兵連隊第3大隊(SBCT-2の歩兵大隊の一つ)
・第5歩兵連隊第1大隊(SBCT-2の歩兵大隊の一つ)

#第82空挺師団第2旅団第325歩兵連隊(空挺)第2大隊
http://www.globalsecurity.org/military/agency/army/2-325air.htm このサイトのOOBでは第10山岳師団の旅団に配されています。
#SBCT-2の残る一つの歩兵大隊、第24歩兵連隊第1大隊については
既に紹介したnewsdayの記事に中佐が登場するのでモスルに展開しているはず。
#タコマニューストリビューンによると、増援できた第25歩兵師団の
部隊はストライカー部隊とのこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
増援の第25歩兵師団の部隊
タコマニューストリビューンによると
ストライカー、M1、ブラッドレーの車列がモスルに入る写真が公開されたとのこと。増援できた第25歩兵師団の部隊はストライカー部隊だと書かれています。となると、RSTA大隊が帰還したのかも。或いは、増援を向かえに出た部隊が先導していただけかも。

global securityのOOBでは
キルクークに第25歩兵師団第2旅団が
展開しています。こっちから来たのだと思ってました。
2005/01/06 (木) 11:45:39 | URL | 太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。