SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年からの米海兵隊のイラク駐留部隊
出典 星条旗紙
URL http://stripes.com/article.asp?article=32856
原題 Troop levels in Iraq could be reduced by one-third in 2006
DOD stresses units could by added based on security situation
日時 2005年11月9日(太平洋版)
筆者 Patrick Dickson, Stars and Stripes
協力 同紙記者Jeff Schogol、AP電
発信地 ワシントン
内容 DoDの報道発表とラムズフェルド国防長官および英国外相の記者会見での発言を引用。
・現在のイラク駐留兵力は17個旅団。現在は16万名となっているが
これが9万2千名となる見込み。
・海兵隊からは5千名、主として第Ⅰ海兵遠征軍(カリフォルニア州ペンドルトン)から展開、また第Ⅱ海兵遠征軍から展開を支援する部隊がゆくと海兵隊広報官のJay Delarosa大尉(Capt.)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。