SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイムにて圧力感知型爆弾を内乱勢力使用
出典 NY Times
URL http://www.nytimes.com/2005/11/09/international/middleeast/09cnd-iraq.html
原題 Iraqi Civilians Killed in Rebel-Held House Bombed by U.S.
日時 2005年11月9日
筆者 KIRK SEMPLE、SABRINA TAVERNISE
発信地 イラク Husayba
内容 記事末尾にて
当地の統合攻撃部隊指揮官であるStephen W. Davis海兵大佐(Col.)
によると、アルカイム(Al Qaim)軍事基地とHusaybaの戦場を結ぶ泥道に仕掛けられていた圧力感知爆弾(pressure-sensitive bomb)が大佐の車列のハマーの下で爆発したとのこと。海兵3名が重傷、2名が軽傷。大佐は別の車両に乗っており、無傷だったとのことである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お邪魔します。足跡残させてください。
2005/11/10 (木) 23:20:44 | URL | (^▽^)/ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。