SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Iraq Syndrome
出典 NY times Foreign Affairs
URL http://www.nytimes.com/cfr/international/20051101faessay_v84n6_mueller.html
原題 Iraq Syndorome
日時 2005年11月号・12月号
筆者  JOHN MUELLER
発信地 無し
内容 イラク戦争への米世論での支持率の長期的低下傾向の原因を
朝鮮戦争、ベトナム戦争と比較しつつ探る。定かな勝利が定義されそれへ進んでいるという評価が得られない限り続くと見る。
アブグレイブ捕虜虐待疑惑、2005年1月末の総選挙成功の報などが
支持率上では一過性であることという指摘が面白かった。
また、この号の巻頭ではイラクがかつてソヴィエト侵攻時のアフガンのようにイスラム教のテロリストの養成所となり、いずれは隣接国や
世界へイラクを同窓の地とするテロリストが輸出されるとみている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。