SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファルージャでの海兵戦死、負傷は昇進式典での出来事
出典 New York Times
URL http://www.nytimes.com/2005/12/06/international/middleeast/06wire-marines.html
原題 Marines Killed in Falluja Were at Promotion Ceremony
日時 2005年12月6日
筆者 REUTERS
発信地 バグダッド 12月6日
内容 以下全訳

米軍が火曜に明らかにしたところによると、先週イラクの都市ファルージャ付近で海兵10名が戦死したのは当初伝えられていた徒歩パトロール(foot patrol)ではなく昇進式典の際のことであった。

軍の声明では市郊外(outskirts)の使用されていない製粉所(flour mill)にて兵3名の昇進を祝っていたのこと。

式典が終わり、海兵らが解散したとき、一名が埋設されていたと思われる感圧式スイッチを踏み、繋がっていた爆薬(explosive)が大爆発した。

死者数はイラクで米兵が一回の事件でこうむったものとしては8月以降で最大であった。

負傷した海兵は11名で、軍は当初原因を”大型砲弾数発の仕掛け爆弾(improvised explosive device IED)”としていた。

Geroge W. Bush大統領がイラク戦略を打ち出し、”完全な勝利以外は”受け入れないと演説した一日後という、米国にとっては非常に悪い時機に起きた攻撃であった。

以下に修正履歴
flour millを小麦粉製粉所 から 製粉所へ 変更。
理由 flourは小麦粉のみならず穀物を細かく挽いた粉を意味する
ことをdictionary comにて確認したため。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。