SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AKOを騙るサイトについて警告
出典 defense industry daily
URL http://www.defenseindustrydaily.com/2005/12/usarmy-ako-portal-targeted-by-password-phishers/index.php
原題 USArmy AKO Portal Targeted by Password Phishers
日時 2005年12月13日
筆者 不明
発信地 不明
内容 以下全訳

本サイトは合州国陸軍ポータルサイトthe US Army Knowledge Onlineを以前にもとりあげた。ノースカロライナ州フォートブラッグの情報管理統括(Director of Information Management)であるOliver K Wyrtki中佐(LTC)は本サイトに先週以下の警告を出したことを認めた。正直なところ、本サイトとしては誰かがこの手を使うのにこんなに時間が掛かったことが驚きである。


"敵が偽のAKOサイトを作り、AKOユーザーネームとパスワードを略取して身分証明を盗もうとしている。このサイトに行ってはならない。この偽サイトへのリンクが張られ、そこに飛びログインするよう指示するEメールが使われることがありえる。AKOへのリンクはhttps://www.us.army.mil/.のみである。敵は我々のネットへの入り口を獲得しようとあらゆる手段を試みている。我々がネットワークを安全で信頼できるものとすべく努力しているが、気をつけていただくようお願いする(Thank you for doing your part, and thank you for your patience as we continue to work on keeping the network secure and reliable.)


JK's Op/Ed Note:
私ならもっと狡猾な方法をとるが、意味するところは読者も分かられたと思う。問題のサイトは閉鎖されたが、本サイトのみるところ同様の手が国防総省や他の政府機関、国際的な防衛関係、或いは企業のサイトすら容易に標的としうる。”クリックする前に注意せよ”が読者への助言である。

#全訳終わり
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。