SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第Ⅰ海兵遠征軍 イラク派遣へ
出典 stars and strips
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=33902
原題 25,000 from I MEF to replace II MEF counterparts in Iraq
日時 2005年12月23日
筆者 不明
発信地 ヴァージニア州アーリントン
内容
 第Ⅰ海兵遠征軍(Marine Expeditionary Force)の海兵および水兵およそ2万5千名が現在イラクに駐留中の第Ⅱ海兵遠征軍の同数の兵らと交代するため派遣することが関係者の談話により分かった。
第Ⅰ海兵遠征軍の声明によると同遠征軍の部隊は大体の場合、
2006年1月から開始する2回の7ヶ月ローテーションで派遣されるとのことである。

声明によると派遣部隊には第1海兵師団(the 1st Marine Division)、第3海兵航空団(the 3rd Marine Airecraft Wing)、第1海兵補給群(the 1st Marine Logistics Grous)が含まれる。

今回の派遣によりイラク行きが3回目となる部隊が同海兵遠征軍には少なくとも1つあるが、同部隊の海兵全員が3回目の派遣となるわけではないと、木曜日第Ⅰ海兵遠征軍広報官Megan McCling大尉(Capt)は話した。

関係者によるとこのローテーションにより来年のイラクの米軍駐留兵力規模は上昇しないとのこと。

イラク米軍司令官George Casey大将(Gen.)によると、来年1月末か2月早くにはイラク駐留兵力の基本水準である13万8千名に米軍兵力は戻る見通し。

10月の憲法国民投票と最近の議会選挙を前に米軍のイラク駐留兵力はおよそ16万名へと増加していた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。