SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月4日のブッシュ大統領演説
出典 whitehouse gov
URL http://www.whitehouse.gov/news/releases/2006/01/20060104.html
原題 President Discusses War on Terror Following Pentagon Briefing
日時 2006年1月4日
発表 広報局(Office of the Press Secretary)
演説の行われた場所 国防総省(The Pentagon)
内容 冒頭、ウェストヴァージニア州での炭鉱事故に触れて哀悼の意を表する。国防総省で中東軍司令官、イラク多国籍軍司令官、イラク治安移行軍司令官、副大統領、国防長官、国務長官、遠隔にてハリザード駐イラク大使との会合の後に行った演説。
・イラクの治安部隊で、陸軍警察あわせて戦闘大隊(combat battalion)は125個以上、うち50個は戦闘を主導(50 of those are in the lead)
・米軍駐留兵力を17個旅団から15個へ。現地司令官の評価によるが
今年にさらなる削減もありえる
・イラク警察部隊にイラク陸軍で成功を収めている顧問チームを派遣する。拷問についてはイラク警察の訓練生に人権と法治に関する訓練を行う
・アフガニスタンでは訓練を受け装備された軍は2万7千名に達しようとしており、警察はほぼ5万5千名。NATOが現在の9千名からさらに6千名増員される
・アフガニスタンで駐留兵力を1万9千名から1万6500名へ今年削減する
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。