SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部隊防護についての報道
出典 NYtimes
URL http://www.nytimes.com/2006/01/07/politics/07armor.html
原題 Pentagon Study Links Fatalities to Body Armor
日時 2006年1月7日
筆者 MICHAEL MOSS
掲載紙面 不明
発信地 不明
内容 海兵の戦死者の検視に基づき死因と致命傷の箇所を纏めた
報告書を引用し防弾プレートがより大型であり、肩、脇の下の防護が
されればより安全になる可能性があるとする。
 また、後半ではクーガー抗地雷車両の生産が生産元のForceProtectionでのトラブルにより滞っているなどの事例を紹介する。部隊防護に対する海兵隊、陸軍の取り組みぶりについての記事となっている。

追記はNYtimesのネタ元
SFTT(soldiers for the truth)にて昨年秋から現在広く使用されているインターセプターに代わるボディアーマーの話が取り上げられていた。そこが記事の発端の一つとなった模様。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。