SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第82空挺師団の改編
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1451363.php
原題 82nd undergoes transformation
日時 2006年1月6日
筆者 Estes Thompson、Associated Press
発信地 ノースカロライナ州Raleigh
掲載紙面 不明
内容 第82空挺師団の規格化戦力改編が始まっているとの記事
以下全訳
今夏イラクへ第82空挺師団の1個旅団が派遣されるときまでには、再編(reorganize)、再訓練(retrain)を終え多くの新装備を与えられていることとなる。

以下全訳最後まで
その全てを通じて、名だたる第82は世界のいかなる地へも軍事力を必要とする場合、命令から瞬時に展開しうる状態を保つこととなる。

”変革の間でも対応できるようにする”と師団報道官Amy Hannahは語る。”他の師団のように態勢を解かないのは我々だけである”

師団では1個旅団の改編(retooling)を6月16日までに完了させ、ついで他3個に取り掛かる計画である。

金曜午後のフォートブラッグ(Fort Bragg)の飛行場での盛大な式典にて軍は前途の課題と向き合うこととなる。部隊旗の展示でこれまでの司令官を称え、これからの流儀が始まっていることを全将兵(troops)に伝えることとなる。

第82の士官および上級下士官(top enlisted soldiers)は今年前半の6ヶ月で単なる再編以上のものに取り組む事となる。新たな4個目の旅団戦闘団を迎え、師団の人員はおよそ2万名近くとなる。

陸軍の他の師団は軍が”規格化戦力変革指針”(modular force transformation policy)と呼ぶ方針により既に再編されている。

”規格化とは戦闘部隊を相互に入れ替えが効くようにして、標準化されたブロックからなる戦闘部隊を作ることです”とワシントンに所在するthe Lexington Instituteの軍事分析家Loren Thompsonは語る。

”戦力が規格化されれば、迅速に展開でき、各部隊は比較的自己完結し同数の人員でより高い戦闘力が得られるようになる”

Thompson氏はこの再編を”レゴブロックを繋いで軍事作戦の遂行に必要な規模の戦力を組み立てる”ことにたとえる。

変革が必要なのは、従来の師団編制では(#訳補 互いに)非常に異なる部隊が作り出されたこと、戦時に動かすにかさばりすぎていることゆえである。

新たな編制では(in the new military world)、旅団は固有のヘリと偵察部隊を持つこととなる。”戦争に素早く行くに必要な能力は全てです”とThompson氏。

同氏の予想では陸軍の主要単位は3000名から4000名の人員からなる旅団となり、その3倍から4倍の師団から移るとのことである。

旅団にはUAV(unmanned air reconnaissance vehicle 無人飛翔体)3,4機を運用する小隊が配属(assign)されつつある。また本隊に先立っての斥候に特化したこれまでより多くのヘリと車両を装備した1個大隊が加わる。旅団に現在師団で重機材運搬(heavy lifting)に用いられているUH-60ブラックホーク(Blackhawk)を補強すべく大型のCH-47チヌーク(Chinook)が配される(assign)事となっている。

"イラクでの戦争で陸軍が得た戦訓は旅団毎に航空捜索能力(aerial surveillance)を必要とするということだ”とThompson氏。

が、部隊が標準化することは第82のような高度な部隊が他と均一化されるということではないと、同氏。Hannah報道官によると、必要であれば戦闘地帯に空挺降下で行く師団の訓練に変更は一切無い。

”第82は軽量で、高度な機動性のある戦力だ”とThompson氏。
”彼らは全員の先を進むことになるだろう
(They’ll get there ahead of everybody.)”
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。