SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タルアファル、ヘリ墜落戦死者氏名公報される
出典 DoD
URL http://www.defenselink.mil/releases/2006/nr20060110-12291.html
原題 DoD Identifies Army Casualties
日時 2006年1月10日
発表者或いは連絡先 Army Public Affairs(陸軍広報)
発信地 不明
内容 以下全訳
国防総省は本日、イラクの自由作戦(Operation Iraqi Freedom)に従事中(supporting)戦死した兵8名の氏名を公表した。兵らが戦死したのはイラクのタルアファル(Tal Afar)にて1月7日、Uh-60ブラックホークの墜落によるものである。

戦死した兵の氏名は次の通り

Stuart M. Anderson少佐(Maj.) 44歳、アイオワ州Peosta
陸軍予備役第Ⅲ軍団支援集団(the Army Reserve's 3rd Corps Support Command)(アイオワ州Des Mointes所在)に所属(assigned)

Douglas A. Labouff少佐(Maj.) 36歳、カリフォルニア州
第3機甲騎兵連隊(コロラド州フォートカーソン所在)に所属

Michael R. Martinez大尉(Capt.) 43歳 ミズーリ州
第3機甲騎兵連隊(コロラド州フォートカーソン所在)に所属

Jaime L. Campbell中尉(1st Lt.) 25歳 ワシントン州Ephrata
陸軍州兵第207航空連隊第1大隊(アラスカ州アンカレッジ所在)に所属

Joseph D. deMoors中尉(1st Lt.) 36歳 アラバマ州Jefferson
第3機甲騎兵連隊第3大隊(コロラド州フォートカーソン所在)に所属
the Army's 3rd Squadron, 3rd Armored Cavalry Regiment, Fort Carson, Colo.

Chester W. Troxel上級准尉(Chief Warrant Officer 4) 45歳 アラスカ州アンカレッジ
陸軍州兵第207航空連隊第1大隊(アラスカ州アンカレッジ所在)に所属

Michael I. Edwards特技兵(Spc.) 26歳 アラスカ州フェアバンクス
陸軍州兵第207航空連隊第1大隊(アラスカ州アンカレッジ所在)に所属

Jacob E. Melson特技兵(Spc.) 22歳 アラスカ州Wasilla
陸軍州兵第207航空連隊第1大隊(アラスカ州アンカレッジ所在)に所属

この事故については調査中である。

本発表に関するさらなる情報に関しては陸軍広報へ連絡のこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。