SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バグダッドでのヘリ墜落 新聞では
出典 washington post com
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/01/16/AR2006011600385.html
原題 U.S. Helicopter Crashes North of Baghdad
筆者 Salih Saif Aldin と Nelson Hernandez
同紙外報部(Foreign Service)
日時 2006年1月16日月曜日; 10:27 AM
発信地 イラク MISHAHDA 1月16日
Hernandezはバグダッドから報道
内容 以下全訳

米軍ヘリがバグダッドの北にあるこの村で月曜の朝墜落。同軍当局によると搭乗していた者の生死は不明とのことである。
現場の陸軍士官(lieutenant)によるとAH-64攻撃ヘリがロケットが命中し農場に墜落し、搭乗員は亡くなったとのこと。通信社による最初の報道によるとヘリは明らかに撃墜された模様。

the Salah al-Din al-Ayoubi Brigadeが内乱者が使うウェブサイトで攻撃を遂行したと声明を出した。

墜落現場は米軍部隊が封鎖しており、本誌特別特派員(Washington Post special correspondent)は現場に近づく事を許されなかった。士官(lieutenant)は名乗らなかったが、ヘリに射撃した人々を米軍部隊が捜索しているとのことである。

バグダッドの米軍当局はヘリが第4歩兵師団の作戦担任域で墜落したこと、事故および搭乗員の状況については調査中であることのみ認めた。

陸軍の重武装装甲ヘリであるアパッチは地上部隊に近接火力で支援するのに用いられ、乗客は運ばない。

今月に入ってヘリの墜落事故は3件となった。12日にイラク北部でカイオワが内乱者により撃墜された模様であり、パイロット2名が死亡。1月7日にはブラックホークが北部の都市タルアファルで悪天候の中墜落し搭乗していた12名全員が亡くなっている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。