SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1機甲師団の航空旅団、米本土帰還へ
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1492544.php
原題 1st AD helicopters to leave Germany
日時 2006年1月26日
筆者 Associated Press
発信地 ベルリン
内容 全訳
陸軍の欧州司令部が木曜にした発表によると、陸軍は今年、第1機甲師団のヘリコプター旅団を本土へ帰還させる。

以下最後まで
ヘリ旅団はドイツはフランクフルト郊外にあるHanauの基地からカンザス州フォートライリーへ移転し、第1歩兵師団の隷下となる。

シュッツガルトのある師団本部の声明によると、この移転は1200のポストと家族1800名に影響があるとのこと。移転される部隊には第501航空連隊第1大隊が含まれるが同部隊はイラク駐留後すでに米本土に帰還している。

在欧米陸軍の発表によると木曜に発表された帰還により影響が及ぶのはおよそ7200のポスト。うち約2700は米本土に配置転換となる。その他のポストはドイツ国内に再配置となるとBob Purtiman報道官。

”この再配置はこれから立ち上げられる新設部隊の準備である”とPurtiman報道官。

今回の帰還は一年におよぶ欧州での戦力削減と再編の一環である。
第1歩兵師団と第1機甲師団の2個重師団はやがては本土へと移転する。

国防総省は冷戦時代にソヴィエトを抑止する柱であった恒久配置の大型部隊を、テロや地域危機といった新たな脅威に対応する高速で機動可能な部隊で代替することを望んでいる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。