SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QDRについて通信社の報道
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/02/AR2006020201546.html
原題 U.S. seeks to curb China's might: Pentagon official
日時 2006年2月2日
筆者 Jim Wolf、Reuters
発信地 ワシントン(ロイター)
内容
来週月曜日に議会に予算案と共に提出されるQDR(4年毎の防衛指針改訂)についての記事
・InsideDefense comに要約と抜粋が掲載されていること
・中国の軍事的台頭に対する対応が含まれる事
・陸軍の特殊作戦部隊を増強する 人員15%、大隊を今の3分の1増設
・空軍の長距離攻撃能力(航空機、誘導弾)の開発を20年前倒し
・海軍は太平洋に1個空母打撃群を追加 潜水艦の60%を維持
・2012年まで毎年建造される潜水艦の数を2隻とする
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。