SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイセオンのQuick Kill (積極防御装置)
出典 raytheon
URL http://investor.raytheon.com/phoenix.zhtml?c=84193&p=irol-newsArticle&ID=814468&highlight=
原題 Raytheon's Quick Kill Achieves a First; Decimates 'Enemy' RPG in Test with Precision Launched Munition
日時 2006年2月8日
発信地 テキサス州MCKINNEY
筆者  /PRNewswire-FirstCall/
内容 2月7日にニューメキシコ州Socorro付近のthe Energetic Materials Research and Testing Center(New Mexico Institute of Mining and Technology)にて行われた試験でQuick KillがRPGの弾頭の迎撃に成功したという報道発表
・active electronically scanned array radarが探知、追尾
・コンピュータが速度、軌道、要撃点を算出
・the precision-launched weaponに迎撃を指示
・垂直発射(ソフトランチ)で迎撃弾、発射
・迎撃弾、旋回、加速し要撃点へ向かう
・迎撃弾、弾頭を射出する、弾頭は"focused blast warhead"で
空中でRPG弾頭を破壊

これらが瞬時に行われるとのこと
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。