SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク軍少将 狙撃さる
出典 BBC
URL http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/4779492.stm
原題 Sniper kills Iraqi army general
日時 2006年3月6日
筆者 不明
発信地 不明
掲載媒体 不明
内容
警察筋によると、バグダッド市内西部にてイラク陸軍の将官が射撃を受けて死亡したとのことである。

#以下全訳最後まで
Mibdir Hatam Hudaia al Dulaimi少将(Major General)はバグダッドのGazaliya地区を車両で通行中に現地時間1700(グリニッジ標準時刻で1400)に狙撃により殺害された。

Dulaimi少将はイラクの首都の治安を受け持つ一人であったとされる。
また、2003年のサダム・フセイン追放後に殺害されたイラク軍士官としては最も階級が高いと思われる。


国会 開かれる(Parliament session)

この事件はサマラでの2月22日のシーア派の重要な廟に対する爆弾攻撃が引き金となり宗派間の争いが高じる中でのことである。

月曜にバグダッド内および周辺で起きた一連の車爆弾により亡くなった方を含めるとこの流血により400名以上が死亡している。

イラク政府は外出禁止令を施行し、宗教指導者に説教で平静を呼びかけるように求めている。

Jalal Talabani大統領は日曜に国会の初の開会を告知、新たな指導者を選ぶ過程が始まる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。