SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GM、ドイツを作業場所に含む支援業務契約を締結
出典 yahoo business
URL http://biz.yahoo.com/prnews/060308/dcw030.html?.v=47
原題 U.S. Army Awards General Dynamics $27 Million Contract
for Stryker Logistics Support
発信地 ミシガン州Sterling Heights
日時 2006年3月8日
筆者 ソースはGeneral Dynamics Land Systemsの報道発表
/PRNewswire-FirstCall/ --
内容
合州国陸軍はGeneral Dynamics(ニューヨーク証券取引所略号:GD)の子会社であるGeneral Dynamics Land Systemsに配備されたストライカー装甲車の業者兵站支援として2700万ドルの契約変更(contract modification)を行った。これにより契約は総額で5600万ドルまで達する可能性がある。

#以下全訳最後まで
この契約はイラクの自由作戦で展開している第172ストライカー旅団戦闘団への中間契約業者兵站支援(the Interim COntractor Logistics Support ICLS)の延長および同旅団の撤退支援(close-out support)、そして第2歩兵師団第3旅団への派遣前支援(predeployment support)のための資金拠出となる。最初のICLS契約が締結されたのは2002年5月であった。

作業が開始されるのは3月1日でアラスカ州フォートウェインライト、ミシガン州Sterling Heights、ワシントン州フォートルイス、カナダのオンタリオ州London、ドイツのVilseck、イラク、クウェートの既存(existing)のGD社従業員が行う。作業は2007年2月28日までに完了する予定。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。