SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対内乱作戦への適応能力について
出典 military review 2005年11月・12月号
URL 省略
原題 Changing the Army for Counterinsurgency
Operations
筆者 Nigel Aylwin-Foster准将(Brigadier) 英国陸軍
掲載媒体 出典に同じ
発行地 カンザス州フォートレーベンワース
日時 不明
内容 米陸軍が戦争以外の作戦、対内乱作戦へ適応するにあたって問題となりうる点を概観。軍の通常戦闘を重視する文化、中央集権的な統制、人的要素よりも技術的な要素を重んじる傾向、
1991年を頂点とし中隊長という対内乱作戦における要である大尉が軍から流出する傾向があることなどを指摘。対内乱作戦においては、戦士の気概で敵を撃破するのでなく兵士として敵の意志を屈服させる事が求められていると主張。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。