SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英軍 イラク駐留兵力を800名ほど削減し7000名規模へ
出典 NYtimes
URL http://www.nytimes.com/2006/03/13/international/europe/13cnd-britain.html
原題 Britain to Reduce Its Troops in Iraq to 7,000
日時 2006年3月13日
筆者 ALAN COWELL
発信地 ロンドン 3月13日
掲載紙面 不明
内容
英国は5月に駐留兵力削減する。およそ800名が帰還し駐留兵力はおよそ7000名となる。英国防相John Reidが英国議会で撤退とアフガニスタンへの大規模な派遣との関連を否定。
・英国軍は侵攻当初4万6千名の兵力を供した。その後2004年5月には1万8千名規模となり、その後は次第に減少し続けている。
・”この削減は作戦級での治安責任が委譲されるということではない”と議会で言明。
・また、州がまるごとイラク治安部隊の責任下における状況にイラクは無いとも語る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。