SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォートウェインライトの兵3名無罪判決
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1634325.php
原題 Wainwright soldiers acquitted of killing rapper
日時 2006年3月21日
筆者 Melissa Vogt、Times staff writer
掲載紙面 不明
発信地 不明
内容
昨年夏、フェアバンクスでラッパーを射殺した容疑で訴えられたアラスカ州の兵士3名は月曜に無罪となったが、そのうち2名は陸軍を除隊することとなる。

14時間の審議後、評決はLinel J. Wright上等兵(pfc.)、Freddy Walker二等兵(pvt.)、Christopher Cox上等兵(pfc.)とも第二級殺人、第一級武器の不法使用(first-degree weapons misconduct)につき無罪であった。被告弁護人は兵らは自衛のための行動したと主張していた。

兵3名は第172ストライカー旅団戦闘団の一員として派遣が予定されていたが昨年8月15日にAlvin Wilkins Jr.を射殺した容疑により部隊は彼らを置いてイラクへ展開した。

裁判での証言によると事件に関わった全員が武装していた。検視によるとWilkins氏の死因はWrightが所有する銃のバックショットである。

基地報道官Linda DouglassによるとCoxとWalkerは陸軍からadministrative dischargesを受ける。同報道官によるとWrightの処遇は火曜現在決まっていないとのこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。