SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスチャンサイエンスモニターの特派員のモスル報道
出典 CSM
URL http://www.csmonitor.com/2006/0330/p01s04-woiq.html
原題 In Iraq, frontline patience wears thin
日時 2006年3月30日
筆者 Charles Levinson | Correspondent of The Christian Science Monitor
発信地 イラク モスル
内容
家屋捜索に同行したルポと、兵らのイラク戦争、駐留に対する発言の紹介。
・モスルのティグリス川東岸側でストライカー旅団の1個大隊は1月に平均して仕掛け爆弾50回、車爆弾複数回を経験するとのこと
(an average of 50 IED attacks each month, and a handful of car bombs)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。