SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車列の対伏撃戦術に変更
出典 stars and strips
URL http://www.estripes.com/article.asp?article=36149§ion=104
原題 Convoys will now stand and fight when attacked in Iraq
日時 2006年3月31日
筆者 Seth Robson, Stars and Stripes
掲載媒体 欧州版
発信地 ドイツ グラーフェンヴェーア
内容
画像注記訳
撮影? Seth Robson / S&S
第141通信大隊C中隊の兵が木曜日、グラーフェンヴェーアにて車列訓練中、空砲射撃をしている。陸軍の戦術が変更され、攻撃を受けた車列は射撃しつつ進行するのではなく止まって敵と戦うこととなった。

画像注記訳
撮影? Seth Robson / S&S
第141通信大隊C中隊の兵が木曜日、グラーフェンヴェーアにて車列に対する模擬攻撃に対応している。

本文要約
これまでは伏撃を受けた場合、射撃しつつ進行する要領であったのを変更し、車列は留まり兵らは下車して戦闘することとなり、その訓練が行われたとのこと。
 この訓練は特技(military occupational specialty)に関わらず
全兵士に義務となっている。
・第141通信大隊は第1機甲師団隷下。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。