SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク兵、米海兵を射殺
出典 military com
URL http://www.military.com/NewsContent/0,13319,93697,00.html
原題 Iraqi Soldier Kills U.S. Marine
日時 2006年4月8日
筆者 Associated Press
他掲載媒体 通信社電
発信地 イラク バグダッド
内容
米国が金曜に発表したところによると、シリア国境付近の基地にてイラク兵1名が米海兵1名を銃撃し殺害したとのことである。その後、別の米海兵がそのイラク兵に傷を負わせた。

#以下全訳最後まで
事件が起きたのは米国の発表によると木曜日、バグダッドから西へ200マイルのQaim付近。

”イラク陸軍兵士が(Qaim付近の)連合軍基地にて米海兵を銃撃し殺害した”と発表は伝える。”そのイラク兵は別の米海兵に撃たれた”

発表では事件は調査中と述べる。それ以上の詳細は伝えられておらず、国防総省筋はそれ以上の情報はないと話している。

これまでの発表では、イラク兵はバグダッド北50マイルのBaladにある米軍基地へと後送された。容態は不明である。

”米軍人男女が互いを生命をかけて信頼するのと同様に、我々はイラクの同じくする相手を信頼する。そしてこの信頼はけして揺らがない”と発表は付け加えている。”この単独の事件がイラク治安部隊が自分たちの国の治安を確立するため独自に作戦できるよう進むよう訓練し教授するという任務から我々を遠ざけるということはない”

米軍はこれとは別に3名の戦死を発表している。

軍人(service member)1名がバグダッド西部でパトロール中負傷して金曜に亡くなっている。発表では戦死した者のパトロールは小火器による銃撃を受けたとのこと。それ以上の詳細は不明である。

陸軍の第172ストライカー旅団戦闘団の兵1名がバグダッドから北155マイルのBeiji付近で、木曜に戦闘パトロール(combat patrol)が路肩爆弾による攻撃を受け戦死している。

別な発表ではバグダッドから西のAnbar州で”敵の行動”により海兵1名が戦死している。

戦死者の氏名は近親への告知後まで伏せられる。

AP通信の集計によると、2003年3月のイラク戦争開始以来亡くなった米軍人は少なくとも2349名である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。