SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横須賀の米艦船2隻交代へ
出典 stars and stripes
URL http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=36373
原題 USS Vandegrift, Chancellorsville rotating out of Yokosuka
日時 2006年4月10日
他掲載媒体 太平洋版
筆者 不明
発信地 日本 横須賀海軍基地(Yokosuka Naval Base)
内容
サンディエゴ(San Diego)の
USS Mustin
http://www.globalsecurity.org/military/agency/navy/ddg-89.htm
(アーレイバーク級駆逐艦)
USS Shiloh
http://www.globalsecurity.org/military/agency/navy/cg-67.htm
(タイコンデロガ級巡洋艦)
が横須賀で西部太平洋前方展開海軍部隊(the Forward Deployed Naval Forces, Western Pacific)のうち2隻と交代すると金曜日、海軍が発表した。

7月に横須賀にUSS Mustinが到着して
USS Vandegrift http://www.globalsecurity.org/military/agency/navy/ffg-48.htm
(O.H.ペリー級フリゲート)
と交代。
Vandegriftは8月にサンディエゴへ帰還。
8月にShilohが到着し
USS Chancellorsville
http://www.globalsecurity.org/military/agency/navy/cg-62.htm
(タイコンデロガ級巡洋艦)
と交代。
Chancellorsvilleは9月にサンディエゴへ帰還。

在日本米海軍司令部(Command, U.S. Naval Forces Japan)の報道発表では前方展開部隊(FDNF)におけるこのような交代は旧型艦船を新型でより能力ある艦船と交代するため行われるとしている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。