SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォートアーウィンに完全なイラク村落を再現する予定
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1681395.php
原題 Irwin Iraq training center to grow
日時 2006年4月11日
筆者 Associated Press
他掲載媒体 不明
発信地 カリフォルニア州フォートアーウィン
内容 全訳
国防総省はモハベ砂漠にあるイラクの砂漠を模した陸軍演習場を拡張する予定である。

今後数年かけて5700万ドルを費やしてフォートアーウィンにある陸軍の国家訓練センター(National Training Center)に300の建造物のあるイラクの村落を完全に再現する、と関係者。

訓練センター司令のRobert Cone准将(Brig. Gen.)は敵との戦闘が生じえる都市環境を作り出すのに適切な投資であると語る。

国防総省はこれまで毎年およそ2億3千万ドルほど毎年訓練センターに費やしている。1600名の演技者(role player)、その多くはハリウッドの演技のプロの指導を受ける、が12の模擬村落で戦時想定を実施している。

イラク派遣に向けて訓練する兵らは、内乱勢力を模倣した演技者らによる伏撃、車爆弾、誘拐、暴動、蜂起に立ち向かう。

Cone司令は、高いストレスを与えることで、卒業レベルの訓練を
現代の戦士に施していると語る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。