SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラムズフェルド国防長官に対し退任を求める将官の声
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/04/12/AR2006041201114.html
原題 Rumsfeld Rebuked By Retired Generals
Ex-Iraq Commander Calls for Resignation
日時 2006年4月13日
掲載紙面 A01
筆者 Thomas E. Ricks
Washington Post Staff Writer
発信地 不明
内容
2004年から2005年、イラクで第1歩兵師団を指揮したJohn Batiste少将(退役)がCNNにて退任を求める話をしたとのこと。
 他に記事中に登場する人(それぞれ意見は異なる)
Gregory Newbold海兵中将(退役) JCSに2002年-2003年勤務
Anthony Zinni 海兵大将(退役) 1990年代後半のCENTCOM司令官
Wallace Gregson海兵中将(退役) 太平洋域の海兵隊を昨年まで指揮
John Riggs陸軍少将(退役)

軍事専門家
Richard H. Kohn、the University of North Carolinaの戦史家
Michael Vickers
the Center for Strategic and Budgetary Assessmentsのアナリスト

政権側からは
JCS統合参謀本部議長Peter Pace海兵大将
国防総省顧問(counselor to the Defense Department)Lawrence T. Di Rita
の発言が紹介される。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。