SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F-35 初期低率生産へ
出典 msn money
URL http://news.moneycentral.msn.com/provider/providerarticle.asp?feed=OBR&Date=20060407&ID=5630636
原題 US steps toward F-35 fighter production
日時 2006年4月7日
筆者 ロイター電
他掲載媒体 通信社電
発信地 ワシントン
内容
米国国防総省は金曜日にロッキード=マーチン(Lockheed Martin Corps)のF-35統合攻撃戦闘機の生産に向けての第一段階を承認したと発表した。同機は史上最も高額な兵器購入計画である。

この決定によりメリーランド州Bethesdaのロッキード、同社は売上額基準で最大の国防納入企業であるが、米国空軍向けに生産されるF-35の最初の5機のために機器据付(tool up)を開始できることとなった。しかし、同機はいまだ飛行もしていない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。