SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブッシュ大統領、ラムズフェルド国防長官を支持する声明を発表
出典 tacoma news tribune
URL http://www.thenewstribune.com/news/nationworld/story/5663852p-5080034c.html
原題 Bush gives Rumsfeld ‘full support’
President rejects growing outcry from retired commanders seeking new defense leader
日時 2006年4月15日
筆者 TOM RAUM; The Associated Press
他掲載媒体 不明
発信地 ワシントン
内容
ブッシュ大統領は週末を過ごしているメリーランド州キャンプデーヴィッドから国防長官を支持する声明を発表。
メイヤーズ前統合参謀本部議長空軍大将(退役)、フランクス前CENTCOM司令官陸軍大将(退役)はそれぞれマスメディアにて国防長官を支持する姿勢。
 退任を求めているる退役将官は次の通り
Charles Swannack陸軍少将(退役)
2004年イラクにて第82空挺師団長。昨年退役。

Barry McCaffrey陸軍大将(退役)
最初に公然と国防長官を批判した一人。湾岸戦争で(#訳補 第24機械化歩兵師団)指揮。昨年イラクとアフガニスタンへ状況視察旅行。

John Batiste陸軍少将(退役)
イラクで第1歩兵師団を率いる。国防長官の運営方針を受け入れられず中将への昇進を拒んで退役。

John Riggs陸軍少将(退役)
軍歴39年に及び、二等兵から中将まで昇る。ベトナムで殊勲飛行十字章(Distinguished Flying Cross)を授かる。陸軍がアフガニスタンとイラクでぎりぎりまで重荷を負っている(stretched thin)としさらに多数の兵員が必要とインタビューで発言したのち、一等降格を受けて退役を強いられた。2004年文民指導者と衝突し国防総省を去り契約業者の乱用(misuse)で調査を受けている。

Anthony Zinni海兵大将(退役)
(#訳補 フランクス大将の)前のCENTCOM司令官で長らくイラク戦争に批判的。CENTCOMは中東の大半における合州国の軍事作戦を担っている戦域軍。

Paul Eaton陸軍少将(退役)
2000年10月から2001年9月までフォートルイスにてストライカー改編の副司令官。少将に昇進しジョージア州フォートベニングの歩兵学校っ長。2003年-2004年、イラクにて民間防衛軍団の新兵の訓練を監督(oversee)するため遣わされる。昨年33年間の軍歴を終えてSteilacoomに引退。

Gregory Newbold海兵中将(退役)
元統合参謀本部作戦統括。2001年9月11日のテロ攻撃で”米国の安全保障政策を乗っ取る”ことに反対だったことから2003年3月の4ヶ月前に退役したと語る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。