SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英軍、イラン侵攻の図上演習に参加
出典 guardian
URL http://www.guardian.co.uk/iran/story/0,,1754307,00.html
原題 Britain took part in mock Iran invasion
Pentagon planned for Tehran conflict with war game involving UK troops
日時 2006年4月15日
筆者 Julian Borge (ワシントン)
   Ewen MacAskill
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容
 2004年7月、ヴァージニア州Fort Belvoirの米軍基地で行われたHotspur2004に英軍将校が参加。
・カスピ海を中心としており、2015年の設定。
侵攻対象の国は仮想の中東国家でKoronaだが敵の性格、国の形はイランそのまま。
・英国の1個中重量級旅団(medium-weight brigade)が米主導軍の一環で作戦。
・米CENTCOMと米戦略軍(Strategic Command)はイラン侵攻計画の策定を加速している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。