SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザカウィを用いた戦略級情報作戦
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/04/09/AR2006040900890.html
原題 Military Plays Up Role of Zarqawi
Jordanian Painted As Foreign Threat To Iraq's Stability
日時 2006年4月10日
筆者 Thomas E. Ricks
Washington Post Staff Writer
掲載紙面 A01
発信地 不明
内容
米軍は2004年以降、ザカウィ容疑者がヨルダン出身であることを強調しイラク人の外国人への嫌悪を梃子にした積極的な戦略級情報作戦 (Strategic Communications)を展開し、イラクの地元内乱勢力との分断にある程度成功したとみているという記事。
・戦略級情報作戦の目標として米国民が扱われているかが焦点の一つとなっている。
・ニューヨークタイムズの記者 Dexter Filkins(バグダッド駐在)へのリークが軍内部文書で触れられている。
2004年2月9日付け1面にてザカウィの手紙を扱った記事がでている。
同記者はこの件についてメールで取材に応じている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。