SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラン侵攻計画について
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/04/14/AR2006041401907.html
原題 The Pentagon Preps for Iran
日時 2006年4月16日
筆者 William M. Arkin
掲載紙面 B01
発信地 不明
内容
Early Warning
http://blogs.washingtonpost.com/earlywarning/

にて米軍内部でイラン侵攻計画が大車輪で作成されている詳細を
報道している筆者がコラムと言う形でその内容をまとめている。
イラン侵攻計画が存在することを公表するのがイランに対する抑止に
なり、かつ米世論にとって判断する上での情報提供となるという議論を展開。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。