SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーイング747をリサイクルして家を建てる
出典 BBC
URL http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/4926216.stm
原題 Woman to build house out of 747
日時 2006年4月20日
筆者 不明
他掲載媒体 不明
発信地 不明
内容
#画像注記訳
Francie Rehwaldが彼女の家を建てるのに使われるB-747の翼を調べている。
#画像注記終わり

カリフォルニアのある女性がボーイング747ジャンボ(a 747 jumbo jet)の部材を使った家を建てるべく取り組んでいる。

#以下全訳最後まで
Francie Rehwaldさんは家が”女性的”で曲線があり、環境にも優しいものとなるよう求めていた。建築家の答えは"747を使おう!”だった。

ジャンボジェットの翼は屋根に使われ、機首は瞑想室(meditation temple)となり、ジャンボの特徴である(#訳補 機体上部の)でこはロフトとなる。

機体の部材はカリフォルニアの用廃航空機置き場から入手する。

購入費用は米ドルでおよそ10万ドル(英ポンドで5万6千ポンド)、建築は6月に開始予定で、完工までに数百万ドル掛かるとみられる。

Rehwaldさんの一家はカリフォルニアで最大のメルセデスベンツのディーラーの一つを所有している。

家はMalibuの丘陵の奥深く、55エーカー(22ヘクタール)の土地に建てられ、近くの山々、谷、太平洋を見渡せる。


持続(Sustainable)

計画をたてた建築家であるDavid HertzはRehwaldさんの仕様にあわせた家を建てるには航空機を使うのが良いと思いついたと話す。


#引用コラム訳開始
航空機を1機まるごと買い入れてできるだけその部材を使うほうが良いのです。ちょうどアメリカインディアン(the Native American)がバッファローのあらゆるところを使うように。
David Hertz 建築家
#引用コラム訳終わり

"すぐに明らかとなったのは、実のところ、航空機の翼自体でうまくいくということだった”と彼はウェブサイトで述べている。

"航空機の翼を調べて様々な機種の翼を土地の広さにあわせてみたところ、747の翼は広さ2500平方フィートで、眺めを最大に活かし最低限の支持部材を付け加えるだけで自立構造屋根(self-supporting roof)となる”

"コストを分析すると、機体全体を買ってその部材をできるだけ使ったほうがいいということになってきた、丁度アメリカインディアンがバッファローのあらゆる部分を使うように”

この計画の環境面もまだ重要だと建築家は語る。

"部品450万点におよぶこの巨大なアルミ缶をリサイクルするのは持続可能な再使用と配分の際立った例となるだろう。米国の消費者と産業が毎年捨てるアルミの量はその3か月分だけで我々の商用航空機全体を作り直せるほどだ"

Rehwaldさんは建築を始めるまでに様々な許可を取り付ける必要があった。

なかでも、民間航空当局からは機体に空中からみえる印をつけて墜落機ではないと分かるようにするように求められた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
LwVUAhZCTxszRFh
2011/06/08 (水) 14:32:03 | URL | FRIZZELL #J.tY0Gqo[ 編集]
lTWXxKtLORUm
2011/06/30 (木) 11:18:32 | URL | kfxvxmttuxg #LnkgmsSw[ 編集]
LmnYuKnujIvIwzAnGW
2011/06/30 (木) 13:55:15 | URL | tavvurtqjwi #kWsBwcKs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カリフォルニアのある女性がボーイング747ジャンボの部材を使った家を建てるべく 取り組んでいる。 Francie Rehwaldさんは家が”女性的”で曲線があり、環境にも優しいものとなるよう 求めていた。建築家の答えは"747を使おう!”だった。 ジャンボジェット
2006/04/23(日) 20:34:36 | ニュース速報国際面+@2ch掲示板
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。