SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラク、アフガニスタンでの戦費の増大についての報道
出典 washington post
URL http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/04/19/AR2006041902594.html
原題 Unforeseen Spending on Materiel Pumps Up Iraq War Bill
Senate to Take Up Measure as Military Fights to Keep Guns, Tanks Working
日時 2006年4月20日
筆者 Jonathan Weisman
Washington Post Staff Writer
掲載紙面 A01
発信地 不明
内容
史上最高額の緊急予算が議会で審議されている中、戦地での装備の疲労の修繕と部品交換などが中心となって戦費を上昇しているという報道。
イラクとアフガニスタンでの戦費は現在、毎月100億ドル近いと議会調査局の報告書は伝える。昨年は84億ドルだった。
CSBA(the Center for Strategic and Budgetary Assessments)によると戦費は2003年は480億ドル。2004年が590億ドル、2005年は810億ドル。2006年は推計で940億ドル。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。