SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォートルイスでアラビア語の訓練コース30名が修了
出典 tacoma news tribune
URL http://www.thenewstribune.com/news/updates/story/5674117p-5088156c.html
原題 Fort Lewis graduates first class of Arabic speakers
日時 2006年4月19日
筆者 Michael Gilbert; The News Tribune
他掲載媒体 不明
内容
第2騎兵連隊の30名が10ヶ月のアラビア語及び文化訓練課程を卒業した。このような訓練課程は陸軍で初である。

軍は掘り下げたアラビア語の訓練をカリフォルニアのDefense Language Instituteで行っているが、関係筋によると第2騎兵連隊の過程は機動部隊が駐屯地でこれほど集中的に行うものとしては初めて。

"諸君の能力と10ヶ月で身につけた技能(略)は、諸君の両脇の兵らの救われる生命、そして過酷な状況下にあって連隊の成功へと直接に繋がろう"と陸軍の情報部門の長であるJohn Kimmons中将(Lt. Gen.)は火曜の式典で述べた。

連隊は課程を駐屯地の外国語訓練センター(Foregin Language Training Center)を通して調整し教官らは兵に1日8時間、週4日昨年6月から教えた。関係者によると課程に掛かった費用はおよそ18万ドル。

卒業にあたり、兵らは言語での"基本的な熟達”を実習してみせた。30名の兵からなる第二陣が訓練の半ばにある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。