SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペトラエウス将軍、カンザス大学で対内乱戦について講演
出典 army times
URL http://www.armytimes.com/story.php?f=1-292925-1716924.php
原題 Petraeus troubled by Rumsfeld-retired generals flap
日時 2006年4月19日
筆者 Associated Press
他掲載媒体 不明
発信地 カンザス州LAWRENCE
内容
ラムズフェルド国防長官の退任を求める退役した将官の批判について
質問に答えた語った内容が前面に出ているが、大学で講演した内容は
自身の第101空中強襲師団でのモスル駐留とMNSTC-I司令官としての経験から対内乱での教訓を幾つかのポイントに纏めたもの。
 ちなみに批判に対する姿勢は、軍の政治家は望ましくないが、一方で
退役後に沈黙を守ることが将官の昇進基準であるべきではなく有用な助言をできることであるべきとし、軍民関係の微妙さについて触れる
内容。

#訳注 今年初めのmilitari reviewに出た論文の内容が近いとおもわれる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。