SBCT関係論文翻訳
1999年10月AUSAの昼食会にて時の米陸軍参謀長エリック=シンセキ大将は演説を行った。陸軍の変革・再編・革新の道程標となる出来事であった。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポーランド、イラクへの軍派遣を継続する意向?
出典 BBC
URL http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/4932300.stm
原題 Polish forces 'may stay in Iraq'
日時 2006年4月21日
筆者 不明
発信地 不明
他掲載媒体 不明
内容
#画像注記訳
ポーランド軍は多国籍軍を指揮している。
#画像注記訳終わり

ポーランド国防相が述べたところによると計画されていた通りに今年末にイラクから部隊を撤退させないかもしれないとのこと。

Radek SikorskiがBBCに話したところではポーランド軍が留まり続けるのはありそうにないとは思うが、状況によっては変わりうるとのこと。

現在、イラクで勤務するポーランド軍はおよそ1500名。

前政権は今年初めに撤退させるとしていたが、現政権発足後、これを覆したこととなる。

Europe Todayでのインタビューで、Sikorski氏はポーランド軍は他国軍がイラクで見舞われているトラブルにさほど遭っていないと述べた。

同氏はその理由が力の行使により抑制的であることと、イラクの宗教に関する場所への敬意の念が強いからだとした。

"我々は宗教に敬虔な国柄だ。恐らくはイラク人も我々がたぶんに他の国々よりも彼らの宗教上の場所を敬意の念で扱っているということに気付いたのだろう、また我々は現地の人々と良い関係を持っている"

ポーランドは米国の堅固な盟友であり、米国、英国、韓国、イタリアに次いで5番目の人員規模の部隊をイラクへ送っている。

ポーランド軍はイラク南中央部にて多国籍軍を指揮している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SBCT関係論文翻訳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。